忍者ブログ

Ninja Life in Tokyo

英語が出来ない親とバイリンガル娘の生活   2009年生まれの娘は、国産バイリンガル

理系脳がたどる、ただのバイリンガルという道

娘は理系脳、算数は得意そうだがボンミスあったり、文章で説明される問題は苦手なようだ。

 先日ようやく国語の問題は答えは長文のなかに書いてある気づいたようで、理系的に文系問題解決できるような兆しが見えてきた。 

 理系脳はあいまいな事が微妙、お話なんて基本興味がない。
 Captain Underpantsぐらいの変な話か、伝記等の事実に基づいた話には興味をしめすが、いわゆる童話はびみょうなようだ。

 英語の教育方として目につくのは、文系的な教育方ばかり、もしこどもが理系的感覚の持ち主なら、それは苦痛でしかなく失敗は確実。 はやく気づいてストレスのない方法で進める事が大事です。



 娘も教材を選択せず常にフリートークで受けているスカイプ英会話。 幼児心理がわかる娘のお気に入りの先生たちは、みんな娘と工作やクイズ、パソコンなど理系的な内容で英会話をすすめてくれる。


 一般論的な文系的な英語教育に拘る事が失敗に繋がることありますよ。 男の子のバイリンガル教育失敗が多いのは、そういう事だと思います。 理系脳が多いですからね。
 本の虫じゃなくてもバイリンガルの道はあります、本を読まない子もみんな日本語喋ってるじゃないですか。 日常に英語もあればいいんです。

 スーパーキッズではない、ただのバイリンガル。 という道もありますよ。









にほんブログ村 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子へ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ←ポチッと

英会話


PR

コメント

DMM英会話

英会話

外国人と会話した経験値 (2017/09/09)

最新順 記事一覧

プロフィール

HN:
Tokyo Ninja
性別:
男性
職業:
Ninja
趣味:
shinobi
自己紹介:
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

忍者カウンター

NinjaBrog

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
7
8 9 10 11
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31